プロフィール

Author:データベース小僧3号
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
PR

◆ 自サイトURLで短縮URLを作りたい!
◆ よくある質問ページを簡単に設定したい!
◆ 入力データがデータベース化された入力フォームを自サイトに設定したい!
データベースと連携したウェブ・ツールに興味のある方は、以下のサイトをのぞいてみてはいかが!?
↓↓↓
ウェブ・ツール研究所

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
まずはテーマ、ジャンル、コンセプトを決めよう
ホームページをつくる前に、まず、テーマ、ジャンル、コンセプトを決めましょう。

「海外でみつけてきた雑貨に関するホームページ」、とか、ペットを飼っているので、「ペットに関連するホームページをつくる」、など、まずはホームページのテーマ、ジャンル、コンセプトを決めましょう。

ホームページをつくるのに、テーマやジャンル、コンセプトが決まらないと、つまらないホームページができあがるだけです。

ホームページをつくって自己満足で終わるのであれば良いですが、やはりホームページは第三者に見てもらってナンボの世界。

ホームページは、ある意味、本や雑誌に似ています。


突然ですが、ここでちょっと質問です。

あなたは立ち読みしたことありますか?

立ち読みをするとき、あなたはなぜその本や雑誌を手にとって読んだのでしょう?
立ち読みするときって、まずは表紙を見ますよね。そして、自分の興味のあるジャンルや目を引く表紙の場合に「中身はどんなかな」と思って、パラパラとページをめくると思います。

ホームページも同じです。表紙の部分がちょうどホームページのトップページといったところでしょうか。

ホームページのトップページを見て、「つまらなそう」「何のホームページがよくわからん」と思われてしまったら、ハイ、それまで。他のページが見られることはないでしょう。

そうならないためにも、まずは土台となるホームページのテーマ、ジャンル、コンセプトをしっかり検討して決めましょう。


スポンサーサイト
ホームページを作る前の基本的なこと | 【2007-04-15(Sun) 16:30:23】
Trackback:(0) | Comments:(5)
そのホームページで何がしたいかを決めよう
これは、テーマ、ジャンル、コンセプトと共に重要な部分です。

ホームページで何がしたいか、が決まらないと、どのようなホームページをつくればいいのかイメージがわきません。コンセプトや何がしたいのかが決まっていないと、ホームページのページ構成も整理することができず、訪問者にとっては非常に見づらいホームページになってしまいます。

最悪の場合、自分自身でもわけがわからない、整理がつかないページ構成になってしまいます。物品を販売するのか、アフィリエイトで稼ぐホームページを構築したいのか、情報商材を販売するのか、知名度をあげたいのか、など、そのホームページで何がしたいのかを決めましょう。

例えば、「海外でみつけてきた雑貨を販売するためのホームページをつくる」とか、ペットを飼っているので、「ペットに関連するアフィリエイト商品を紹介して、アフィリエイトで稼ぐためのホームページをつくる」など、まずはホームページのテーマ、ジャンル、コンセプトとともにそのホームページで何がしたいのかを決めましょう。

それが決まれば、あとはその考えを反映させるようなページ構成にしていけばよいのですから・・・ページ構成の考え方については、別の機会にお話ししたいと思います。

ホームページを作る前の基本的なこと | 【2007-04-16(Mon) 19:39:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
誰に伝えたいかを決めよう
テーマ、ジャンル、コンセプト、何をするのか、が決まったら、今度は、それらを誰に伝えたいのか具体的に考えてみましょう。


「友達のAから、ペットを飼いたいと相談されたので、いろいろとアドバイスして喜ばれた。せっかくだから、アドバイスしてきたことを整理して、ホームページに載せよう。同じく、これからペットを飼いたいと思っている人に役立つかもしれないし、それに関連するグッズのアフィリエイトで稼げるかもしれない・・・」

など、具体的に考えてみましょう。

(今回はちょっと短めでした・・・)

ホームページを作る前の基本的なこと | 【2007-04-17(Tue) 23:48:48】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ホームページのページ構成
テーマ、ジャンル、コンセプトなど、ホームページの概要を決めたら、次にページの構成を考えましょう。


例えば、「ペットに関連するアフィリエイト商品を紹介して、アフィリエイトで稼ぐためのホームページをつくる」と決めたとします。

そうしたら、次にページ構成を決めます。ペット飼育体験記、ペット飼育に役立つ情報、ペットのお悩み相談、ペット好き集まれ(掲示板)、などのメニューをトップページに掲載して、あとは、そのメニューごとにそれぞれの内容を記載していきます。

これで、もう立派なページ構成が出来上がりますよ。あとは、それぞれのページで記載する内容とからめてアフィリエイト商品をさりげなく紹介・挿入すれば、あなたが考えたテーマ、ジャンル、コンセプト、何がしたいか、誰に伝えたいか、つまり、「ペット好きに対して、ペットに関連するアフィリエイト商品を紹介して、アフィリエイトで稼ぐためのホームページをつくる」、という考えが反映された立派なホームページができるでしょう。

このように、わかりやすいページ構成とすることにより、自分自身でも整理がつきますし、また、何よりも訪問者にとって非常にわかりやすく、便利なホームページになるわけです。

ホームページを作る前の基本的なこと | 【2007-04-18(Wed) 23:24:54】
Trackback:(0) | Comments:(1)
ホームページを作る前に・・・
どうですか?テーマ、ジャンル、コンセプトなど、ホームページの核となる部分を決めることの重要性がわかっていただけたでしょうか?

ホームページを作るには、html などの技術的な部分を覚える必要もありますが、まずは、その前に、ホームページのテーマ、ジャンル、コンセプト、誰に、何をしたいか、を決めることです。

自分がひとつの雑誌の編集者になったつもりでホームページを作りあげてみてください。

そう考えると、結構面白そうでしょ!?

それから、ホームページは1つ作ればよい、なんてルールはどこにもありませんので、作りたい数だけ作ればいいと思います。最初から、思い通りのホームページを作りあげることは容易ではありません。

あとから、いろいろ「あーしてみたい」「こーしてみたい」「あーすればよかった」「こーすればよかった」などと、次々とアイデアが浮かんでくるものです。

1つ作れば、だんだんとホームページを作るコツがつかめてくるので作業効率も良くなってきます。ですので、ホームーページを1つ作って満足するのではなく、できれば、複数個作りたいものです。

家は3回建て直して、はじめて満足のいく家に住める、ということを聞いたことがあります。

そう考えると、ホームページって家を買うのに似てますね(ホームページなだけに・・・失礼しました・・・"^=^)。

何事も最初から思い通りにいくことはまれです。ホームページも、同じく、何個か作ってみて、だんだんと満足のいくホームページが出来上がっていく、そんな心構えも必要なのかもしれませんね。


ホームページを作る前の基本的なこと | 【2007-04-19(Thu) 23:29:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ホームページをどのように作成するか考えよう
ホームページのコンセプトが決まったら、次に、ホームページをどのようにして作成するかを考えましょう。

自分独自のドメインを取得してホームページを作成するのか、無料ブログを利用してホームページを作成するのかを決めましょう。

今は、ブログというとても便利なツールがありますので、html などのプログラミング言語がわからなくても、ある程度のホームページは作れます。

しかしながら、ホームページのレイアウトをある程度自由にカストマイズしたい場合などは、html などのプログラミング言語の知識が多少なりとも必要になってきます。

ちなみに、無料ブログの場合には、独自ドメインではなく、無料ブログを提供している会社のドメインが必ず入りますのでご注意を・・・(例えば、Livedoorの無料ブログを利用する場合、URLは「http://blog.livedoor.jp/○△□/」となります。※○△□の部分は、あなたの設定したブログネームが設定されます。)

そこで、次回以降はhtmlによるホームページ、ブログ、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)等、ホームページを作成するツールについてのそれぞれの特徴を整理してみたいと思います。

ホームページの形態を考える | 【2007-05-05(Sat) 02:35:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
html によるホームページ作成の特徴
html・・・ブログが登場する前までは、ホームページを作成するツールのスタンダードといえるでしょう。今でも、中・大規模なホームページのほとんどが html をベースにホームページが作成されています。

html で作成されたホームページの特徴は、なんといってもページの編集が自由にできることです。ページごとに違うレイアウトでホームページを作成することができますし、ページのコンテンツも自由に編集することができます。

ただし、そのためには、html 言語を覚えなくてはなりませんが、ホームページビルダーなど、ホームページを作成する補助ツールを使えば、html 言語を覚えなくても作成はできます。

個人的には、ホームページを作るからには、html 言語は覚えておいたほうが良いと思っています。

それは、ブログでホームページを作成する場合であっても、必要となる場合があるからです。

ブログでも hml 言語を使って一部のコンテンツを作成することが可能な場合があります。特に、ある程度ブログを使いこなしてくると、多少なりとも自分オンリーのデザイン・コンテンツを織り交ぜたいという願望がでてきたりします。

また、html 言語を使わないにしても、コンテンツやプラグインを設定する際に、予め html 言語が書き出されていたりする場合もあるので、知らないよりは、知っておいて損はないと思います。

たとえ、ブログでサイトを構築していても、html 言語を知っていれば、サイトのデザインなどに幅が広がります。

html の基本的なこと、および、html の簡単な言語、よく使う言語を次回以降に改めてご紹介したいと思いますので参考にしてみてください。
また、検索エンジンなどに影響を与える<meta>タグ、タイトル(title)についても少しだけ解説する予定ですので参考にしてみてください。


ホームページの形態を考える | 【2007-05-12(Sat) 22:31:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ブログによるホームページ作成の特徴
ブログには、自分で独自のドメインを取得して、Movable Type などのサーバーインストール型のブログ作成ツールを利用する方法と、無料ブログ(なかには有料ブログもあります。)を利用する方法があります。

それぞれ一長一短はありますが、手始めに行うのであれば、設定が簡単な無料ブログのほうがよいでしょう。

無料ブログのメリットは、設定が簡単なのと、新規の記事を書いた場合に、新着記事としてプロバイダー(無料ブログを提供している運営者、サイトのことです。)のサイトで紹介される点です。

ただし、人気のプロバイダーは、利用者がたくさん(多いところでは100万人を超えます。)いるので、トップページに新着として記載されているのは、わずか数分です。場合によっては、1分もトップページに掲載されないケースもあります。

逆にデメリットは、独自のドメインがもてない、サーバーに自由なファイルを転送できない(独自に使えるサーバーが提供されていません)、無料なのでサイトがいつなくなっても文句はいえない(プロバイダーによるブログ運営終了など)です。

次に、Movable Type などのサーバーインストール型のブログ作成ツールを利用するメリットは、独自ドメインでのホームページ作成ができる、サーバーをレンタルしている場合、そのサーバーでブログを運用できるため、プロバイダーの影響を受けない、などです。

無料ブログのデメリットの逆ですね。逆に、デメリットは、インストールの作業があり、ちょっと面倒、アクセスは自分で集める、ですかね。でも、アクセスを自分で集めるのは、無料ブログでも同じなので、デメリットではないかもしれませんが・・・

以上、ざっとこんな感じです。

ホームページの形態を考える | 【2007-05-25(Fri) 23:38:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)によるホームページ作成の特徴
CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは、簡単にいうと html などの知識がなくても、ホームページのページを作成できるものです。おまけに、画像ファイルやコンテンツが管理できるため、ホームページのデザインも比較的簡単に設定できるものです。

ブログも一種のCMSです。ブログのツールとしては、Movable Type が有名ですが、CMS と聞いて最も一般的なのは、Xoops といわれるツールです。

ここでは、それぞれのツールについての解説は割愛しますが、もし、詳しいことを知りたい場合には、検索エンジンから、それぞれ「Movable Type とは」「Xoopsとは」で検索してみてください。それぞれについて解説してくれているサイトがありますので・・・

なお、CMSについての詳しいことは、以下のサイトページにも記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。分かりやすく説明されていますので・・・
http://www.wtl-j.com/sfc/?id=cms


ホームページの形態を考える | 【2007-05-28(Mon) 23:58:17】
Trackback:(0) | Comments:(1)
無料ブログのプロバイダーとそれぞれの特徴
今ではブログは一般的です。ブログは、テレビや雑誌でも、毎日のように取り上げられていますね。「しょこたん」なんかは、ある意味、ブログが生み出した芸能人ではないでしょうか?ブログがなければ、「しょこたん」はここまで有名にはなっていなかったかもしれませんからね。

ブログのサイトは無料で作成できます。ブログがこれほどまでに有名になったのは、無料で誰でもできるのと、メール感覚で簡単にできてしまうからだと思います。つまり、誰でも利用できるので、今ではたくさんの人たちが自分のブログを持っているワケです。

ブログは、最初の設定こそ多少の労力がかかりますが、ある程度の設定ができてしまえば、あとは、ひたすら記事を書くだけです。それで、立派なサイトができてしまうのですから、とても魅力的です。それに、記事を書くときはメール感覚でできますし・・・

そんなブログを無料で提供してくれるプロバイダーは、今ではたくさんあります。

有名どころをご紹介します。

Livedoorブログ
Yahooブログ
楽天広場
Seesaaブログ(シーサーブログ)
FC2ブログ
ココログ
JUGEM(ジュゲム)
ウェブリブログ
AOLダイアリー
エキサイトブログ
gooブログ
ブログ人
はてなダイアリー
アメーバーブログ
ロリポブログ


もちろん、上記以外にもたくさんのプロバイダーがありますが、有名どころとして私の独断と偏見で上記に列挙してみました。

また、それぞれ特徴がありますので、自分がやりたいと思っていることができるプロバイダーを見つけて、そこでブログを開設すれば良いと思います。

私のオススメのブログは、アフィリエイトが可能で、カストマイズ性も高い、そしてテンプレートも豊富なFC2ブログSeesaaブログ(シーサーブログ)LivedoorブログJUGEM(ジュゲム)です。
また、初回からある程度のアクセス数が見込める楽天広場も、用途によっては魅力的です。

私のオススメのブログについて、それぞれの特徴を簡単に一覧表にまとめてみましたので参考にしてみてください。






























































無料ブログ 容量 画像容量 アフィリエイト カストマイズ 携帯 特徴
Livedoorブログ 2.1GB -- いわずと知れたブログ登録数No1のブログ。有名人も多数利用している。管理画面の使いやすさはいまいち。また、設定の都度、再構築をしなければならず、これも面倒。
Seesaaブログ(シーサーブログ) 無制限 30MB 1つのアカウントで複数のブログ管理が可能。多機能ながら管理画面も使いやすい。ただし、だいぶ改善はされたものの管理画面のレスポンスがやや遅いのと、設定の都度、再構築をしなければならないのが難点。
FC2ブログ 1.0GB 100MB 自作のテンプレートやプラグインを共有できる。テンプレートに自分のブログのリンクを貼っておけばアクセス増加も見込める!?テンプレートがとにかく豊富。共有されているテンプレートも含めれば数千件にも。多機能ながら管理画面も使いやすい。レスポンスもストレスを感じない程度。再構築は不要。
楽天広場 無制限 -- △(楽天のみ可) △(制限あり) 初回の記事投稿から、ある程度(50前後)のアクセス数が見込める。常に安定したアクセス数が欲しい人向き。ただし、アフィリエイトを目的にブログをする人には不向き。アフィリエイトは、楽天以外は不可なため。管理画面は使いやすい。再構築は不要。
JUGEM(ジュゲム) 無制限 200MB 管理画面の操作性は良い。再構築は不要。他のオススメブログと同様にカストマイズとアフィリエイトが自由。特にアフィリエイトを推奨しているブログでもある。



ブログでホームページを作ろう | 【2007-06-25(Mon) 22:11:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
サーバーインストール型のブログ作成ツールを利用
サーバーインストール型のブログ作成ツールで最も一般的なのが、Movable Type です。それ以外にも、WordPress などがあります。

代表的なツールである Movable Type を例にしますと、個人が日記を書くなど、商用目的で使用しない場合には、無料で利用することができます。ちなみに、個人のアフィリエイトは、商用とみなされないようです。また、商用目的で使用する場合には、有料となり、料金は\31,500~です。
(参照ページ:http://www.sixapart.jp/movabletype/mt3/license.html

サーバーインストール型のブログ作成ツールを利用する場合には、ある程度の HTML の知識と、CSS(スタイルシート)の知識が必要になってきます。
その分、当たり前ですが、サイトの構成やデザインの自由度は無料ブログよりも幅広いですけどね。

前にも書きましたが、サーバーインストール型のブログ作成ツールを利用するメリットは、独自ドメインでのホームページが作成できるのと、サイトの構成やデザインを自由に設計できる点、独自ドメイン用のサーバーを利用しているのでプロバイダーの影響を受けない、などです。逆に、デメリットは、インストールの作業があり、ちょっと面倒、アクセスは自分で集める、ですかね。でも、アクセスを自分で集めるのは、無料ブログでも同じなので、デメリットではないかもしれませんが・・・

ですので、このあたりの知識がある方や自分で作成したい方は挑戦してみてはいかがでしょうか?


Movable Type
↓↓↓
世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中!!


WordPress
↓↓↓
WordPress Japan



ブログでホームページを作ろう | 【2007-06-28(Thu) 22:55:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
html の基本的なこと
html 言語は半角英字ですが、大文字、小文字の区別はありません。また、基本的には「html タグ」という定義された言葉を使います。

使い方の基本は、文章を「html タグ」で囲みます。

例えば、「重要」という文字を太字にしたい場合、<b>重要</b>とすることで「重要」という文字が太字で表示されます。この<b>が「htmlタグ」であり、<b>太字を表示してくれる「htmlタグ」となります。

また、最後に</b>という具合に、bの前に/が入っていますが、これは、「<b>というhtmlタグの指示はここで終了」ということを意味しています。

どうですか?そんなに難しくないでしょ!

html の基本は「htmlタグ」ですので、後はどれだけの種類の「htmlタグ」を覚えるかで、ホームページ作成の幅が大きく広がることになります。

「htmlタグ」以外にも、覚えなきゃいけないこと(例えば、「metaタグ」、タイトル(title)を含む「ヘッダー」といわれる部分や、どのページも必ず<html><head></head><body></body></html>で囲まなければならない、など)がありますが、html の本を1冊読めば、それらのことは簡単に覚えられます。

ちなみに、私も html に関する本は1冊しか持っていませんが、これで十分にホームページを作成するための html の知識が備わりましたので、難しく考える必要はないと思いますよ。一応、私が持っている本を紹介しますね。

超図解 HTMLタグ辞典

初心者であれば、本当にこれ1冊で十分に html が理解できます。今でも、たまに、この本で確認したりしているので、結構重宝しているかも・・・

また、次回、「html の簡単な言語、よく使う言語」をまとめてみますので参考にしてみてください。

htmlでホームページを作ろう | 【2007-07-09(Mon) 23:30:37】
Trackback:(0) | Comments:(1)
html の簡単な言語、よく使う言語
html の簡単な言語、よく使う言語のいくつかを以下にご紹介します。

●リンク
 → <a href="ここにURLリンクを入力" target="_blank">ここに表示する文章を入力(ここで表示する文章がリンク表示されます。)</a>
※「target="_blank"」とは、新しくウィンドウを開いて、URLリンクのページを表示することを意味します。

●太字(その1)
 → <b>ここに太字にする文章を入力</b>

●太字(その2)
 → <strong>ここに太字にする文章を入力</strong>

太字の<b>と<strong>の違いですが、<strong>は強調を意味するので、検索エンジン対応(SEO対応)でキーワードを強調したい場合には、<strong>を使用したほうが有利と言われています。


その他、<div></div>、<table></table>など、上記以外にもいろいろとありますが、詳しいタグについての解説は、ここでは割愛させていただきます。

もし、html タグについて興味がある場合には、以下の著書、または、今では html タグを解説してくれるサイトはたくさんありますので、検索エンジンなどから探してみてください。

ちなみに、私は、html を覚える際は、以下の著書を購入しました。初心者には、とても分かりやすいと思います。今でもたまに参考にしたりしますので、とても重宝しています。
↓↓↓
超図解 HTMLタグ辞典



htmlでホームページを作ろう | 【2007-07-18(Wed) 23:04:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
meta タグ、タイトル(title)を含むヘッダー部分と検索エンジンの関係
meta タグ、タイトル(title)を含むヘッダー部分の説明をする前にもう一度、html の基本的な形をおさらいしておきましょう。

<html>
<head>
ここにタイトルやキーワードを設定
</head>
<body>
ここにコンテンツを設定
</body>
</html>

でしたね。

さて、基本的な形をみるとどんな特徴があるでしょうか?

そうです。<html></html>の中は、<head></head>と<body></body>に区分されていますね。

<head></head>で囲まれている部分が、いわゆる「ヘッダー」といわれている部分になります。

そして、<body></body>で囲まれている部分が「コンテンツ」の部分になります。

このヘッダーと呼ばれている部分には、ホームページの概要やキーワードが設定できます。検索エンジンでは、このヘッダー部分に設定されているキーワードなどを読み取っています。検索エンジンでは、ヘッダーに設定されているキーワードを、検索順位を決定する際の指標のひとつとしています。つまり、ヘッダー部分は、検索表示の順位に少なからず影響を及ぼしているものといえます。(検索エンジンの表示順位は、ヘッダー部分の要素以外にも様々な要素により、表示順位が決められています。)

では、次回は具体的にみていきましょう。


htmlでホームページを作ろう | 【2007-07-20(Fri) 23:44:44】
Trackback:(1) | Comments:(0)
meta タグ、タイトル(title)を含むヘッダー部分と検索エンジンの関係を具体的にみてみよう
以下は実際のホームページのヘッダー部分です。
以下のホームページでは、MySQLというデータベースとPHPプログラム(ブログやZOOPSなどのCMSは、MySQLデータベースとPHPプログラムにより動作しています。)で作成されているウェブ・ツールを提供しているサイトの例です。

<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<META name="GENERATOR" content="IBM WebSphere Studio Homepage Builder Version 8.0.0.0 for Windows">
<META name="keywords" content="短縮URL,転送,ツール,入力フォーム,問い合わせ,FAQ,MySQL,PHP,ウェブ,アプリケーション,データベース,ウェブアプリケーション,アフィリエイト,web,application,php,mysql,asp">
<META name="description" content="MySQLデータベース、PHP、ウェブアプリケーションを活用して効率的なサイト運営を目指す。各種ツールのラインナップは、短縮URLアドレス転送ツール、入力フォーム作成&管理ツール、問い合わせ管理ツール、FAQ簡単作成管理ツール。">
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<LINK href="http://www.wis-j.com/template/wisj.css" rel="stylesheet" media="screen,print">
<TITLE>インターネットビジネスに役立つウェブ・ツールを提供する - ウェブ・ツール研究所</TITLE>
</HEAD>


以上がホームページのヘッダーといわれる箇所の設定例です。

それでは、以下に解説していきたいと思います。


<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

これは、決まりきった設定ですので、このまま覚えてしまえば良いと思います。ただし、charset=Shift_JIS の部分の、「Shift_JIS」の部分は状況に応じて変更する必要があります。この部分についての説明はここでは省きますが、別途、この部分については「Shift_JIS」などの文字コード(漢字コード)についてで説明していますのでこちらを参考にしてみてください。


<META name="GENERATOR" content="IBM WebSphere Studio Homepage Builder Version 8.0.0.0 for Windows">

これは、ホームページを作成したツールの名前が設定されています。このケースの場合は、ホームページビルダーですね。この meta タグはなくても問題ありません。(ホームページビルダーで作成する場合には、自動的に作成されてしまいますので、不要であれば削除してしまいましょう。)


<META name="keywords" content="短縮URL,転送,ツール,入力フォーム,問い合わせ,FAQ,MySQL,PHP,ウェブ,アプリケーション,データベース,ウェブアプリケーション,アフィリエイト,web,application,php,mysql,asp">

ホームページのキーワードを設定していますね。この部分は、検索エンジンが読み取る箇所ですので、ホームページに関連するキーワードを設定しましょう。ただし、最近では、最初の5キーワードのみを読み取っている、なんていううわさもありますので、数多く設定すればよい、というわけでもないようです。また、最近は、この meta タグはあまり重要視されていないといううわさもあります。


<META name="description" content="MySQLデータベース、PHP、ウェブアプリケーションを活用して効率的なサイト運営を目指す。各種ツールのラインナップは、短縮URLアドレス転送ツール、入力フォーム作成&管理ツール、問い合わせ管理ツール、FAQ簡単作成管理ツール。">

ここは、ホームページの概要が設定されています。これも、検索エンジンで読み取られている可能性がありますが、先のキーワードと一緒で、最近は、この meta タグはあまり重要視されていないといううわさもあります。


<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">

これは、決まりきった設定ですので、このまま覚えてしまえば良いと思います。


<LINK href="http://www.wis-j.com/template/wisj.css" rel="stylesheet" media="screen,print">

これは、文字のフォントや色などの文字構成や表などの構成等を html よりさらに細かく定義できる、CSS(スタイルシート) といわれる設定をしたファイルの場所を特定しているのと、このスタイルシートを画面と印刷の両方に適用することを定義しています。
具体的には、「LINK href="http://www.wis-j.com/template/wisj.css"」の箇所が、スタイルシートの場所を特定し、「rel="stylesheet"」の部分が「これはスタイルシートですよ」と定義している部分です。また、「media="screen,print"」の箇所は、画面と印刷の両方にスタイルシートを適用します、と宣言していることを意味します。ちなみに、画面だけに適用するのであれば、media="screen"とすれば良いわけです。


<TITLE>インターネットビジネスに役立つウェブ・ツールを提供する - ウェブ・ツール研究所</TITLE>

この部分がヘッダーの中では一番重要です。この部分は、検索エンジンから読み取られる部分ですし、他のmetaタグよりも重要視されている部分です。また、検索結果として表示されるのも、この部分になります。したがって、このタイトルの部分は検索エンジンを意識して設定するようにしてくださいね。


なお、詳しくは本などで確認してみてくださいね。

htmlでホームページを作ろう | 【2007-07-26(Thu) 00:18:06】
Trackback:(1) | Comments:(0)
「Shift_JIS」などの文字コード(漢字コード)について
html でホームページを作成する過程で、「Shift_JIS」などの文字が度々登場する場合があります。

例えば、ホームページのヘッダー部分を設定する際の meta タグなどです。

<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

これは、htmlやPHPプログラムやInternet Explorerなどのブラウザーが日本語を取り扱う場合の言語様式とでも理解しておいてもらえば良いでしょう。あまり深く考える必要はないです。

ちなみにこの言語様式は、一般的には「文字コード(漢字コード)」と言っていますが、これに関しては、上記サイトのFAQページで説明がありますので参考にしてみてください。

http://www.wis-j.com/faq/qa.php?id=10#3-1


この文字コード(漢字コード)の種類はいくつかありますが、代表的なものをご紹介しますね。

Shift_JIS
EUC-JP
utf8

などが代表的なものですね。

通常、html でホームページを作成する場合、まずは自分のPCの環境(Localといいます。)で作成するのが普通です(自分のPCで作成して問題がなければ、サーバー(実際に公開されている場所)に転送するのが普通ですね。)。その際、作成したホームページが思い通りになっているかは、まず Local に保存されている状態のもので Internet Explorer などのブラウザーで確認しますが、まだサーバーに転送していないLocalの状態にあるホームページをみる場合、charset=Shift_JIS"の部分を「Shift_JIS」にしないと、文字化けしてしまいます。これは、 Localにあるものをみる場合、Internet Explorer は「Shift_JIS」にしか対応していないためです。

ところが、サーバーに存在するもの、つまり、一般的に公開しているホームページをみる場合には、「Shift_JIS」に限定されず、基本的にはどの文字コード(漢字コード)でもみることができます。

さらにややこしいことに、「Shift_JIS」の場合には、一部の文字で変な記号が勝手に付け加えられたりします。なので、ホームページをサーバーに転送する場合には、文字コードをShift_JIS以外の EUC-JP などに設定することが推奨されていたりします。

なんだか面倒ですね。

でも、文字化けや変な記号が付加されても困るので私は面倒でも、サーバーへ転送するホームページのファイルの文字コードをShift_JISからEUC-JPに変換し、別ファイルで Local に保存してからサーバーに転送しています。


文字コード | 【2007-08-01(Wed) 00:18:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ホームページ公開までの手順
今回は、ホームページを公開するまでの手順を簡単に説明します。なお、個々の作業については、別途、解説をしたいと思います。

今回は、ホームページを公開するまでの流れの全体像をざっとつかんでいただければと思います。


1.テキストエディタまたはhtml ファイルを作成するためのソフトを準備する
(テキストエディタでも、ホームページ(html ファイル)を作成することができますが、初心者の方には難しいと思いますので、ホームページビルダーのようなホームページ作成支援ソフトを利用されたほうが良いと思います。)
   ↓
2.画像を作成・編集するためのソフトを準備する
(ホームページに画像は欠かせません。画像を作成・編集するソフトが必要になります。ホームページビルダーを利用する場合には、画像を編集するソフトが付いていますので気にする必要はありません。)
   ↓
3.ブラウザ(Internet Explorerなど)を準備する
(あなたのPCのOSがWindowsであれば、標準装備されているので特に気にしなくても良いでしょう。それ以外の方で、インターネットを表示するブラウザがPCに設定されていない場合には、別途、ブラウザのソフトを入手する必要があります。)
   ↓
4.(独自)ドメインを取得する
(ホームページを一般に公開するために、独自のドメイン(ホームページに付ける名前と思ってください。あなたの独自ドメインは世界にひとつだけです。)を取得します。)
   ↓
5.公開する場所、サーバーを借りる(レンタルサーバー)
(ホームページを一般に公開するためには、作成したファイル(htmlファイルなど)を、サーバーに設置しなければなりません。)
   ↓
6.サーバーへ転送するためのソフトを準備する
(設置するサーバーが決まったら、今度は、自分のPCに保存されている作成ファイル(htmlファイルなど)をサーバーに転送しなければなりません。その際、専用のソフトが必要となります。)
   ↓
7.検索エンジンへ登録する
(知り合いだけに見てもらうのであれば不要ですが、作ったホームページにアクセスを集めるためには、検索エンジンへの登録が必要でしょう。)


次回以降は、それぞれの作業について解説したいと思います。


ホームページ公開までの手順 | 【2007-08-06(Mon) 22:30:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
テキストエディタまたはhtml ファイルを作成するためのソフトを準備する
ホームページは、テキストエディタでも作成することはできますが、初心者の方には難しいと思います。ある程度の html タグの知識がなければ、苦戦することになると思います。

それよりは、ホームページビルダーのようなホームページ作成支援ソフトを利用されることをオススメします。いろいろなソフトがありますが、初心者の方にとっては、ホームページビルダーが一番使いやすいのではないでしょうか?一番人気もありますし・・・それに、画像編集ソフトも付いているので、ホームページを作成する際に必要最低限なものは整っています。

ちなみに、ホームページビルダー以外の有名どころでは、マクロメディアがあります。マクロメディアは多機能ですが、その分、値段は高めですし、ある程度のスキルが必要になります。

ホームページビルダーには、初心者にも簡単にホームページが作成できるように初心者用のモードが用意されています。そのモードであれば、html のタグを知らなくても、ある程度のホームページが作成できますが、ホームページの作成に慣れてくると、いろいろと細かい部分を修正したくなるものです。また、慣れてくると、html タグを自分で書き込んで作成したほうが効率的になってきます。そのためにも、初心者モードに頼らずに、ある程度の html タグの知識を習得するように頑張ってみてください。

html タグは、ブログでも使われていますので、たとえ、ブログでサイトを持つ場合でも、html タグの知識があると、いろいろとできる幅が広がりますから、是非習得されることをオススメします。

ホームページ作成に必要なもの | 【2007-08-24(Fri) 00:19:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
画像を作成・編集するためのソフトを準備する
ホームページには画像は欠かせません。画像といってもその種類は実に様々です。写真はもちろんのこと、入力フォームなどでよく見かけるボタン、リストマーク、サイトのロゴ、タイトルなども画像として作成することができます。画像のないホームページは無味乾燥なホームページとなってしまいますので、やはり画像は必須のアイテムです。
画像がないと、見た目にも無機質な感じがするので、それでは単なるメールとあまりかわらないでしょう。

あまりそのようなホームページは見かけませんね。


画像を作成・編集するには、専用のソフトが必要になります。Windows にも標準で装備されていますが、あまり機能的ではありません。

有名どころでは、マクロメディアがあります。マクロメディアを利用すれば多彩な画像が作成、編集できます。ただし、その分、値段は高めです。また、使いこなすには、ある程度のスキルが必要になります。

ホームページビルダーを利用する場合にも、画像を編集するソフトが付いています。操作は比較的簡単です。予め多数の画像も用意されています。

ホームページの作成、画像の作成・編集など、総合的にみると、初心者にとってはホームページビルダーがなじみやすいような気がします。

再度の確認になりますが、ホームページには画像が欠かせませんので、画像の作成・編集ソフトを準備してくださいね。


ホームページ作成に必要なもの | 【2007-09-06(Thu) 21:40:52】
Trackback:(0) | Comments:(3)
ブログ内検索
リンク
RSSに登録

My Yahoo!に追加

FC2ブログランキング
スポンサードリンク

オススメの情報
オススメの情報 - その2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。