プロフィール

Author:データベース小僧3号
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
無料ブログのプロバイダーとそれぞれの特徴
今ではブログは一般的です。ブログは、テレビや雑誌でも、毎日のように取り上げられていますね。「しょこたん」なんかは、ある意味、ブログが生み出した芸能人ではないでしょうか?ブログがなければ、「しょこたん」はここまで有名にはなっていなかったかもしれませんからね。

ブログのサイトは無料で作成できます。ブログがこれほどまでに有名になったのは、無料で誰でもできるのと、メール感覚で簡単にできてしまうからだと思います。つまり、誰でも利用できるので、今ではたくさんの人たちが自分のブログを持っているワケです。

ブログは、最初の設定こそ多少の労力がかかりますが、ある程度の設定ができてしまえば、あとは、ひたすら記事を書くだけです。それで、立派なサイトができてしまうのですから、とても魅力的です。それに、記事を書くときはメール感覚でできますし・・・

そんなブログを無料で提供してくれるプロバイダーは、今ではたくさんあります。

有名どころをご紹介します。

Livedoorブログ
Yahooブログ
楽天広場
Seesaaブログ(シーサーブログ)
FC2ブログ
ココログ
JUGEM(ジュゲム)
ウェブリブログ
AOLダイアリー
エキサイトブログ
gooブログ
ブログ人
はてなダイアリー
アメーバーブログ
ロリポブログ


もちろん、上記以外にもたくさんのプロバイダーがありますが、有名どころとして私の独断と偏見で上記に列挙してみました。

また、それぞれ特徴がありますので、自分がやりたいと思っていることができるプロバイダーを見つけて、そこでブログを開設すれば良いと思います。

私のオススメのブログは、アフィリエイトが可能で、カストマイズ性も高い、そしてテンプレートも豊富なFC2ブログSeesaaブログ(シーサーブログ)LivedoorブログJUGEM(ジュゲム)です。
また、初回からある程度のアクセス数が見込める楽天広場も、用途によっては魅力的です。

私のオススメのブログについて、それぞれの特徴を簡単に一覧表にまとめてみましたので参考にしてみてください。






























































無料ブログ 容量 画像容量 アフィリエイト カストマイズ 携帯 特徴
Livedoorブログ 2.1GB -- いわずと知れたブログ登録数No1のブログ。有名人も多数利用している。管理画面の使いやすさはいまいち。また、設定の都度、再構築をしなければならず、これも面倒。
Seesaaブログ(シーサーブログ) 無制限 30MB 1つのアカウントで複数のブログ管理が可能。多機能ながら管理画面も使いやすい。ただし、だいぶ改善はされたものの管理画面のレスポンスがやや遅いのと、設定の都度、再構築をしなければならないのが難点。
FC2ブログ 1.0GB 100MB 自作のテンプレートやプラグインを共有できる。テンプレートに自分のブログのリンクを貼っておけばアクセス増加も見込める!?テンプレートがとにかく豊富。共有されているテンプレートも含めれば数千件にも。多機能ながら管理画面も使いやすい。レスポンスもストレスを感じない程度。再構築は不要。
楽天広場 無制限 -- △(楽天のみ可) △(制限あり) 初回の記事投稿から、ある程度(50前後)のアクセス数が見込める。常に安定したアクセス数が欲しい人向き。ただし、アフィリエイトを目的にブログをする人には不向き。アフィリエイトは、楽天以外は不可なため。管理画面は使いやすい。再構築は不要。
JUGEM(ジュゲム) 無制限 200MB 管理画面の操作性は良い。再構築は不要。他のオススメブログと同様にカストマイズとアフィリエイトが自由。特にアフィリエイトを推奨しているブログでもある。

スポンサーサイト


ブログでホームページを作ろう | 【2007-06-25(Mon) 22:11:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
リンク
RSSに登録

My Yahoo!に追加

FC2ブログランキング
スポンサードリンク

オススメの情報
オススメの情報 - その2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。